EclipseでSpring BootとKotlinの環境構築




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

最近のKotlin

2017年のGoogle I/OでAndroidの開発言語としてKotlinを公式にサポートしたことが発表されました。今後はAndroid開発だけでなくサーバーサイドもJavaではなくKotlinを使うことが多くなるかと思います。ということで今回はEclipse上でのSpring BootとKotlinの環境構築について紹介します。

環境構築

構築する環境は下記です。

  • Kotlin 1.1.3-2
  • JDK 1.8
  • Spring Boot 1.5.6
  • eclipse 4.6 Neon

1. Eclipseのインストール

下記リンクから使っているOSのUltimateのFull Edtionをインストールしておけば問題ないです。インストールには結構時間がかかります。

http://mergedoc.osdn.jp

2. プラグインのインストール

Eclipse Marketplaceから各種プラグインをインストールします。Macの場合はヘルプ内にEclipse マーケットプレースという項目があるのでそこから開きます。

まずKotlinをインストールします。Kotlin Plugin For Eclipseを選択します。

SpringはSpring Tool Suiteを選択します。

次にGradleもインストールします。Gradle IDE Packを選択します。

3. Spring スタータープロジェクトで雛形を作成

上記をインストールするとEclipseからSpringスターター・プロジェクトで雛形を作成できます。

型にGradle、言語にKotlinを設定してください。

次に、雛形に含むパッケージを選択します。自分のオススメはJPA,MySQL,Flyway,WEBです。

これで完了を押すとプロジェクトが作成されます。これで最初の環境構築は終了です。

4. 初期設定

JPA,Mysqlを最初のパッケージに含めた場合はapplication.propertiesにDB情報を設定します。

Flywayを含めた場合はresources配下にdb/migrationフォルダを作成します。

起動は、ターミナルでSampleKotlinProjectのルートディレクトリに移動して下記コマンドを打つと起動できます。

以上でEclipse上でのSpring BootとKotlinの環境構築になります。

次のステップ

環境構築が完了したら下記リンクを参考にして実際にアプリケーションを実装してみて下さい!!

おすすめ書籍

JPAに関しては下記パーフェクトJava EEが非常に詳しく書かれているのでぜひ読んでみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です