Node.js – babelでES6を導入する最短手順




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

ES6とは

Node.jsはECMAScriptという仕様に従って実装されています。Node.jsの最新のLTSではECMAScriptのES6(ECMAScript 2015とも呼ばれている。ややこしい。)がサポートされています。今回はNode.jsでES6を使用する方法を説明します。

自分のNode.jsとnpmのバージョンです。以降は全てこのバージョンでの説明になりますが違うバージョンでもそんなに変わらないと思うので参考にしてみてください。

BABEL

babel(バベル)とはNode.jsでまだサポートされていないES6の書き方をNode.jsが理解できる形に変換(トランスパイル)してくれるツールです。

babel-cliのインストールは下記コマンドです。

babel-cliのプラグイン

babelにはいろんなプラグインが用意されていて自由に使うことができます。

今回はbabel-preset-envを使用します。babel-preset-envは.babelrcファイルにECMAScriptのどのバージョンを使うのか指定することができます。

.babelrcの中身は下記です。

currentと指定すると使用しているNode.jsがサポートしているECMAScriptを自動で指定してくれます。Node.js v6.10.3はES6を99%サポートしているのでこれで問題ないです。下記サイトでNode.jsのどのバージョンがどこまでサポートしているか分かりやすくなっているので参考にしてください。

http://node.green/

起動方法

シンプルな起動方法を2つ紹介します。

npm run

pachage.jsonのscripts内に起動したいスクリプトを指定してnpm runで動かすののが一番簡単です。

package.jsonへの記述

これだけでES6を使用したNode.jsを起動できます。

babel-node

babel-nodeを使用する場合はbabel-cliを下記コマンドでグローバルにインストールする必要があります。

起動コマンドは下記だけです。npm同様に簡単に起動できます。

npm runで1つだけデメリットだなと感じたのがcommanderという起動スクリプトに引数を渡せるモジュールが使えないことでした。commanderを使う場合は下記のようになります。

app.js内でもcommanderの記述が少し必要ですが、これでportという変数名で値を渡すことができます。

まとめ

babel-cliとbabel-preset-envをインストールし、.babelrcに設定を記述するだけですぐに使えます。ES6は今後必ず主流になるので早いうちに使用して慣れておきましょう。

インストール後は下記も参考にしてみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です