coinbaseが考えるICOのベストプラクティスについて




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

ICOのベストプラクティス

日本でICOをしたALISも参考にしているcoinbaseのICOに関するベストプラクティスを和訳して解説したいと思います。

原文:A Securities Law Framework for Blockchain Tokens

原則1:詳細なホワイトペーパーを発行する

HOW

  • プロトコルとネットワークの説明
  • トークンが存在する明確かつ説得力のある理由を特定する
  • 提案された実装の詳細な技術的説明を提供する
  • トータルトークンの供給と分配の明確な期待を設定する
  • 独立した専門家にホワイトペーパーをレビューさせる

WHY

ホワイトペーパーは、ネットワークとそのユースケースを定義しています。

購入者が購入しているトークンの特性と機能、開発の課題とリスク、およびネットワークを使用する利点を理解できることが重要です。

原則2:プリセールについては、開発ロードマップにコミットする

HOW

  • 詳細な開発ロードマップを提供する
  • プロジェクトの各段階の時間とコストの見積もりを含める
  • カテゴリ別の見積費用の内訳を含める
  • 開発の各段階に資金を割り当て、マイルストーン達成まで資金へのアクセスを制限することを検討する
  • 開発チームとアドバイザーの主要メンバーの名前を列記します
  • 開発チームと顧問の主要メンバーに支払われた報酬については透明である
  • 開発チームおよびアドバイザーのメンバーの早期寄付を定量化する
  • ネットワークの販売と発売の間に、開発ロードマップに対する進捗状況を定期的にトークン保有者に報告する
  • 独立したセキュリティ監査のための資金とバグバウンティプログラム

WHY

明確な開発ロードマップにより、売却代金がプロジェクトに適切に使用され、ネットワークが開始され、意図したとおりにトークンを使用できるようになるという確信が買い手に与えられます。

プロジェクトの各段階で資金を確保することで、構造を確立し、バイヤーが成功の可能性を評価できるようになります。ブロックチェーン機能を使用して開発チームの資金調達を制限することで、より透明性を高めることができます。

開発チームとアドバイザーは、お金とトークンを組み合わせて、サービスの完全かつ公正な価値を支払わなければなりません。

貢献の価値を定量化すること、特に早期寄稿(事前集団尺度)は透明性を提供する。

開発チームとアドバイザーを特定することで、潜在的なバイヤーがプロジェクトの信頼性と成功の可能性を評価するのに役立ちます。それは詐欺の可能性を減らします。

注:原則2の多くの側面は、トークンを使用するライブネットワークが存在する前に発生するトークンの販売にのみ適用されます

原則3:公開されている公開ブロックチェーンを使用して、すべてのコードを公開する

HOW

  • 開いて透明なブロックチェーンを使用する
  • オープンソースソフトウェアを使用する
  • 可能であれば、標準またはよく知られているトークン契約(例:ERC20)を使用することを約束します
  • 非公開または判読できないブロックチェーンを使用しないでください。また、開発者が唯一のトランザクション検証ツールであるブロックチェーンを使用しないでください
  • 立ち上げ前に独立したセキュリティ監査を行うことを約束する

WHY

オープンソースのソフトウェアでビルドし、公開されているブロックチェーンを使用することで、透明性が提供され、トークン所有者や独立した開発者からの実際の参加が可能になり、監査が可能になり、不正行為を防止できます。

多様な独立した団体からのネットワークへの本当の意味のある参加を可能にすることは、参加者が最初の開発者にあまり依存しないため、Howeyテストの第2および第3の基準に対する議論を強化することにもなります。

原則4:トークンセールで明確で論理的で公正な価格設定を使用する

HOW

  • クラウドデールで販売するトークンの最大数を設定する
  • 時間の経過と共に増加しない価格設定メカニズムを使用する。公正にトークン価格を決定するためのダッチオークションまたはこれに類するメカニズム
  • 持ち上げる量の上限を設定する
  • 最低額が満たされていない場合、最低額を設定し、買い手に払い戻します
  • 1通貨で価格を指定する(例:ETHまたはBTC)

WHY

クラウドデールからの総収入は、開発の見積費用を超えてはいけませんクラウドセールはこの金額を引き上げるために必要なトークンの数と価格に上限を設けなければなりません。

時間とともに増加する価格設定メカニズムは、非合理的な行動(例えば、FOMO)を促し、バイヤーを同等に扱わない。単一の通貨で価格を設定すると、混乱と裁定の可能性が減ります。

原則5:開発チーム用に確保したトークンの割合を決定する

HOW

  • 開発チームとアドバイザーの仕事に対する公正な報酬を表すトークン総供給の割合を決定します。
  • これらのトークンを時間をかけて徐々に開発チームにリリースします(プロジェクトの継続的な作業を条件として)。

WHY

開発チームや他の貢献者の手にあまりにも多くのトークンを集中させると、ネットワークの制御の集中化のリスクが高まります。一方、あまりにも少数のトークンを設定しても、開発チームの利益は他のトークン所有者の利益と一致しません。

時間の経過とともに開発チームにトークンを公開すると、他のユーザーとの利益が一致します。ユーザーはより長い期間にわたって開発チームにトークンを公開することで、市場に影響を及ぼすリスクも軽減され、多数のトークンが一度に市場に流入することを防ぎます。

原則6:投資としてのトークンのマーケティングを避ける

HOW

  • 価値を高める投資としてトークンを宣伝しないでください
  • その機能とネットワークのユースケースに基づいてトークンを宣伝する
  • 既存の投資言語やプロセスとの類推を避ける。例えば’ICO’
  • 投資としてではなく、トークンに関する適切な免責事項を製品として提供する

WHY

投投機的な投資としてのトークンのマーケティングや既存の投資プロセスとの比較は、潜在的な買い手を誤解させたり混乱させる可能性があります。また、トークンが安全である可能性も高くなります。

トークン、プロトコル、およびネットワークのリスクを正確に記述する簡潔で関連性の高い免責事項を使用すると便利です。

投資のリスクについての長期にわたる法律上の免責条項は、買い手には有益ではなく、トークンが投資であるという印象を与えるかもしれません。

おすすめ書籍

Ethereumを使ったDApps開発を学びたいなら今だとこの1冊が1番良いです!開発環境の構築から使うべきツール、フレームワーク、実装方法・注意点まで網羅的に解説されている書籍なのでおすすめです。出版も2018年1月ということでかなり新しい本で、DMM Bitcoinを作っているネクストカレンシー所属の方が書いているので信頼できます。

ビットコインとブロックチェーンの詳細をしっかりと学びたい方にはこちらの書籍が非常におすすめです。ウォレットの仕組み、楕円曲線暗号、P2Pプロトコル、公開鍵暗号などビットコインを支える技術について詳細に解説されています。また、サンプルコードを通して実際に手を動かして学べるので非常に濃い内容となっています。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 現在はTwitterなどSNSのテキスト解析を行うソーシャルメディア分析のサーバーサイドを開発中。言語はNode.js、Kotlinを使用。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です