PostgreSQLでパスワード入力をしないで済むpgpassについて




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

PostgreSQLのパスワード入力

PostgreSQLには大きく分けて3つのパスワード設定方法があります。

  1. インライン入力
  2. PGPASSWORD環境変数による入力
  3. .pgpass設定ファイルによる入力

それぞれ説明していきます。

インライン入力

これは一番簡単な方法でpsqlを使うときに使用する方法ですね。psqlを実行したあとにパスワードを直接入力します。

PGPASSWORD環境変数による入力

シェルスクリプトや、アプリケーションから使うときはインライン入力ができないので環境変数か.pgpassファイルを設定して実行します。

環境設定に設定しておけばpsql実行時に毎回パスワードを入力する必要がなくなるので楽ちんです。しかし、今は推奨されていないので.pgpassを使うことをおすすめします。

.pgpass設定ファイルによる入力

これが一番安全で推奨されているパスワードの設定方法です。設定方法は簡単でPostgreSQLにログインするユーザのホームディレクトリに.pgpassを配置するだけです。

中身は下記のようになっています。設定内容もシンプルで簡単にできるのでこれがおすすめです。

.pgpassの権限は600にしないと使用できないので忘れずに変更しておいてください。
The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です