Truffleを使ってEthereumの分散アプリケーションを開発する




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

どうも、Ethereumの分散アプリケーションが大好きになった高妻です。

今回は、Ethereumの分散アプリケーション開発を効率化するtruffle(トリュフ)について説明します。

truffleはEtherreumを開発したConsenSysが開発しているフレームワークなので使わない手はないですね。公式サイトはこちら

まずは雛形の作成

インストールはnpmでします。

雛形作成

雛形は下記のような構成になっています。treeはMacの場合brewでインストールできるので試してみてください。

Solidityのコンパイル

とりあえず雛形ソースコードのコンパイルをしてみます。/build配下にコンパイル後のソースコードが生成されるみたいです。

テスト実行

次にテストを実行してみます。Warningはたくさん出てましたが全て通りました。簡単ですね。

コントラクトのデプロイ

デプロイをするにはデプロイ先のプライベート・ネットを先に立ち上げます。Passphraseが聞かれるので一番最初のアカウント作成時のものを入力してください。

立ち上げるのに成功したらデプロイを行います。デプロイも簡単に完了しました。

コントラクトのメソッド呼び出し

ここからがまだ分からないのでわかったら追記します!

関連記事も読んでみてください!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です