GradleでRedshift JDBC Driverの取得と設定方法




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

Redshift JDBC Driverの設定方法

ドライバーの設定方法には下記2つがあるのでそれぞれについて説明します。

  1. build.gradleにredshift-maven-repositoryから取得する設定を記述する
  2. AWSコンソールのRedshiftページの「クライアントの接続」タブから取得してプロジェクト内のディレクトリに置く

application.yaml(.properties)の設定

上記2つのどちらの設定でもapplication.yamlの設定は変わらないので先に載せておきます。

  • driver-class-name:Redshift Driverのクラス名を指定します。com.amazon.redshift.jdbc.Driverでも可能です。
  • url:JDBC URLを設定します。Redshiftのコンソールページから確認することができます。
  • username:接続ユーザー
  • password:接続時のパスワード

redshift-maven-repositoryから取得する場合

これがもっとも簡単な方法です。ネットに全然情報が出ていないのでこれでやるのがいいかと思います。

build.gradleに下記を記述します。maveCentoral()はデフォルトで指定されているリポジトリです。このリポジトリにはRedshiftのドライバーが入っていないのでリポジトリを追加します。

あとはruntimeにドライバーのURLを設定するだけです。

AWSコンソールからドライバーを取得する場合

ドライバーは下記画像の「クライアントの接続」から取得できます。

取得したドライバーをルートディレクトリのlibs配下におきます。そしてbuild.gradleに下記を記述するだけです。

まとめ

Redshiftのドライバーの情報がネットに全然なかったので書きました。前者の方が設定が簡単なのでオススメです。

おすすめ書籍

JPAに関しては下記パーフェクトJava EEが非常に詳しく書かれているのでぜひ読んでみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です