Ethereum – SolidityのシンタックスをSublime Textに入れる方法




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Solidityのシンタックス

EthereumのDApps(分散アプリケーション)を実装するのに一番使われているSolidityをSumblime Textで使う時、デフォルトではシンタックスが効きません。

シンタックスを効かせるには下記手順でパッケージを入れる必要があります。

  1. Sublime TextのConsoleからPackage Controllerをインストール
  2. Sublime Textを再起動してInstall Packageを選択しEthereumをインストール

1. Sublime TextのConsoleからPackage Controllerをインストール

Sublimen TextのメニューからView > ShowConsoleを選択して下記コマンドをコピペしてエンターを押します。これでPackage Controllerをインストールできます。

上記コマンドはSublime Text 3系のものなので2系をお使いの方は下記リンクを参照してください。

参照:https://packagecontrol.io/installation

2. Sublime Textを再起動してInstall Packageを選択

Package Controllerをインストールした後はSublime Textを再起動します。

再起動したら、Sublime Text上でcontrol + shift + P を押して出てくる入力欄にinstall packageと入力してPackageをインストールするためのウィンドウが開くのを待ちます。

開いたらEthereumと入力して選択するとインストールが開始されます。

インストールが完了してからSolidityのファイルを開きなおすとシンタックスが適用されるようになります。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 現在はTwitterなどSNSのテキスト解析を行うソーシャルメディア分析のサーバーサイドを開発中。言語はNode.js、Kotlinを使用。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です