AWS CloudFrontにRoute 53で取得したドメインを設定する方法




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

まずはドメインの取得

AWSでもRoute 53というサービスを使うことで簡単にドメインを取得することができます。こんな感じで取得したいドメインを入力すると取れるドメインの候補を出してくれるのが便利ですね。変な略しかたも混ざってますが。。。

取得は簡単なので詳細なとこまでは書かないですが、わからないことがあったらコメントなどもらえたら追記したり返信しますのでよろしくお願いします。

CloudFrontへの設定

CloudFront作成時にドメインを設定できます。Distribution SettingsのAlternate Domain Namesに指定したいドメインを設定してください。サブドメインを設定することもできます。

DomainとCloud Frontの紐付け設定

上記だけではドメインとCloudFrontの紐付けが完了していません。最後にもう一度Route 53から設定を行います。左側のHosted zoneメニューから取得したドメインを選択します。

紐付けにはCreate Record Setを押して、A IPv4 addressを選択します。次にAliasにチェックを入れてAlias Targetから上記で作成したCloud Frontを選択します。これでドメインとCloudFrontの紐付けが完了するので数分でドメインからCloudFrontにアクセスできるようになります。

まとめ

AWS上でドメインを取得すると簡単にいろんなサービスに対してドメインを設定できるのが使いやすくていいです。慣れるには少しかかると思いますが、AWSを使っているならドメインもAWS上で取得することをオススメします。

おすすめ書籍

AWSをこれから使う初心者の方から現在使っている中級者の方までおすすめできる書籍です。内容はVPC、セキュリティグループ、IAMなどの基本的なことからWEBサービスを作るのに欠かせない、EC2、RDS、Route53などの扱い方が丁寧に説明されています。

中級者向けにはWEBサーバのオートスケール、Cloud Watchを使ったモニタリング方法、セキュリティ等について解説されています。手元において困ったときに読むのにちょうどいい一冊になると思います。

 

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 現在はTwitterなどSNSのテキスト解析を行うソーシャルメディア分析のサーバーサイドを開発中。言語はNode.js、Kotlinを使用。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です