Dockerでよく使うrunやbuildなどのコマンド紹介




よく使うコマンド

docker pull

docker hubからimageを取得することができます。

$ docker pull nginx
Using default tag: latest
latest: Pulling from library/nginx
683abbb4ea60: Pull complete 
a470862432e2: Pull complete 
977375e58a31: Pull complete 
Digest: sha256:a65beb8c90a08b22a9ff6a219c2f363e16c477b6d610da28fe9cba37c2c3a2ac
Status: Downloaded newer image for nginx:latest

imageコマンドで取得したimageを確認できます。

$ docker images
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
nginx               latest              3c5a05123222        20 hours ago        109MB

docker run

imageからコンテナを起動します。-dオプションを付けることでデーモンとして起動できます。

$ docker run -d nginx
eeed701d7b984cac958916bab921c13427c5ec8aac2c72447939413a3d7eb76a

docker ps

起動しているコンテナのプロセスを確認できます。

$ docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
eeed701d7b98        nginx               "nginx -g 'daemon of…"   3 seconds ago       Up 2 seconds        80/tcp              zen_thompson

docker build

imageを作るためのDockerfileを作成します。

$ vi Dockerfile
FROM ubuntu
RUN apt-get install -y nginx
ADD index.html /usr/share/nginx/html/
$ echo 'Hello!' > index.html

Dockerfileに対してbuildを実行します。ドットはカレントディレクトリを指定しています。

$ docker build . -t original-nginx

-t タグでimageに名称をつけることができます。

docker exec

docker exec -it [container id] bashというようにコンテナIDを指定することでコンテナにログインすることができます。

$ docker exec -it eeed701d7b98 bash
root@eeed701d7b98:/#

docker logs

-fオプションをつけることでtail -fと同じように最新のログを追うことができます。

$ docker logs -f eeed701d7b98
The following two tabs change content below.

髙妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です