KubenetesでSentinelを使ってRedis Clusterを立ち上げる




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Sentinelとは

SentinelとはRedisクラスターを簡単に構築することができるソフトウェアです。マスター・スレーブ構成になっており、マスターの自動昇格も行ってくれる優れものです。

Kubernetesでの構築

この手順は 「入門Kubernetes」に記載されているものを実践しています。

ConfigMapの作成

まずはRedisのマスター用の設定ファイルmaster.confを記述します。

次にスレーブ用の設定ファイルslave.confを記述します。

最後にsentinel用の設定ファイルsentinel.confを記述します。

コンテナ内でRedisを起動するときのスクリプトinit.shです。

Redisスレーブがマスターに接続できるまで監視して、sentinelを起動するスクリプトsentinel.shです。

上記の設定ファイルとスクリプトをまとめたConfigMapを作成します。redis-configという名前をつけています。

ConfigMapの確認を行います。

Serviceの作成

PodへアクセスするためのServiceの設定redis-service.yamlです。

上記設定からServiceを作成します。

Serviceの確認を行います。

StatefulSetの作成

StatefulSetの設定redis.yamlです。

StatefulSetの作成を行います。

StatefulSetの確認を行います。

Sentinelの動作確認

Redisスレーブに対してコマンドを実行し、seintinelのRedisマスタのIPを確認します。

ここでRedisスレーブに対して接続ができなかったのでredis-0コンテナのログを確認します。

sentinelの設定がよくなさそう。。。ここで詰んでしまいRedisクラスタの動作確認ができてません。

だれか同じような人いたら解決策をおしえてほしいです!

おすすめ書籍

Dockerの使い方から説明されているので初心者の方も安心して学べる書籍です。

Kubernetesに関してはPod, Service, Deploymentなどを順を追って説明し、実際に動かすところまでを解説しているので非常に実践的な内容となっています。

これからKuebernetesを使ってサービスを開発してみたい方にとって最初のよい手助けとなると思います。是非読んでみてください。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 現在はTwitterなどSNSのテキスト解析を行うソーシャルメディア分析のサーバーサイドを開発中。言語はNode.js、Kotlinを使用。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です