AWS CLIのインストール手順と設定




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  
  1. AWS CLI

AWS CLIとはAWSのリソースに対してコマンドライン上から扱うことのできるツールです。導入にはPythonが必要になる方法もあるのでその時はインストールしておいてください。

インストール方法

インストールには下記2つがあります。

  • Macの場合はbrew
  • それ以外はPythonのpipから

brew

brewの場合は超楽チンで、これだけです。

pip

Macの場合Pythonは最初からインストールされているのですがpipが入っていません。なので最初はpipのインストールから始めます。

まず、下記リンクを右クリックして、リンク先を別名で保存を選択し、ファイルを保存をしてください。

https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

ダウンロードしたファイルに対してPythonを実行するとpipのインストールが完了します。

pipのインストールが完了したら下記コマンドでAWS CLIのインストールができます。

AWS CLIの初期設定

AWS CLIをインストールしたあとはコマンドラインからAWSのリソースにアクセスできるように初期設定をしないといけません。

aws configure

aws configureと打つとアクセスキーやシークレットアクセスキーの入力を求められます。これらを正しく入力するとリソースにアクセスできるようになります。

アクセスキーとシークレットアクセスキーの入手方法

コンソールのIAMのユーザーページから自分のユーザーを選択します。

ツーザーを選択すると下の方にアクセスキーの作成というボタンがあるのでここで入力用のアクセスキーを発行します。その際にシークレットアクセスキーも発行されます。

以上でAWS CLIの導入から初期設定になります。

関連情報とおすすめ本

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です