僕がオススメするみんなに読んでほしいサイエンス本




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

宇宙は何でできているのか

宇宙に興味ある人も、ない人も楽しめます。数学や物理学の難しい話をものすごく簡単に面白く紹介してくれます。

反物質、ダークマター、素粒子、こんな単語に興味を引かれたら是非読んでみてください。

動的平衡、動的平衡2

「人間の身体はチクワのような中空の管」 と言っていて、人は絶えず栄養を取り入れては排出する動的な平衡状態を保って生きている。

この本を読めば生命現象について深い洞察を得ることができます。とにかくおすすめです!

意識はいつ生まれるのか

タイトルから惹かれますよね!自分の頭の中で考えたりしていることってどこから生まれるんだろうか?人にはあってコンピューターにはないこの不思議な意識に関して書かれています。

脳も臓器の一つで肝臓や胃などと同じ肉の塊だけど脳だけが意識をもつ不思議な肉の塊。この脳を日常で感じることはないから想像がつかないですね。

ウェットウェア

シンプルな単細胞生物はたいした活動は指定なさそうですが、最近の研究では違うそうです。単細胞生物で一番有名なアメーバは獲物を複雑な手順で追い詰めるらしいし、神経回路を持っていないタンパク質は別の方法で情報を伝達し合っている。

こんな単細胞生物をコンピューターに例えてウェットウェアと呼び、その仕組みについて解説してくれます。

ファインマンさんの流儀

偉大な物理学者でノーベル賞を受賞しているファインマンさんの頭の中を覗ける一冊になっています。ファインマンの流儀そのものの考え方や価値観に触れることができます。

理系学生や研究者、知的好奇心が旺盛な人に是非読んでほしいです。

物質のすべては光

タイトルで即買いしました。物質の全ては光ってタイトルにめっちゃやばいですよね。物質の質量の期限?エーテル?重力の弱さ?面白い投げかけがあります。

内容は少し難しめですが物理学を勉強したことある人、興味がある人には十分理解できる内容ですので是非。

ブロックチェーンの衝撃

最近一番自分が興味のあるブロックチェーン。これを読んだのは1年ほど前ですが、今もたまに読み直す良書です。この本は各章を専門の16人の肩が書いているので内容の正確さと濃さは保証します。

あとになってからこんな有名な人が書いていたのかと驚くほどです!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です