ジェンキンス:Jenkinsとは?




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Jenkinsおじさん

プログラミングをある程度学んでいるとジェンキンスおじさんという言葉を聞くことがあると思います。Jenkinsおじさんとはこの方です。

こんな風に怒ることもこともあります笑

何をするもの?

このおじさんが何をしてくれるのかというと定期的に実行したいプログラムを実行してくれます。

WEBサービスを作っていると毎日○時にこのプログラムの処理を実行したいということがよくあります。

例えば、夜間にログを集計したり、データベースに溜まった不要なデータを削除したりです。

このような定期的に実行するプログラムをJenkinsで管理します。

どうやって管理しているのか

Jenkinsでは実行したいプログラムをジョブとしてJenkinsの管理画面から登録します。

管理画面はこんな感じです。中央に登録したジョブとそのステータス、左側のメニューにジョブ作成ボタンやJenkinsの設定ページへのリンクがあります。

このようにJenkinsには大量にジョブを登録して管理することができます。

Jenkinsは昔から使われていますが今でも更新が頻繁に行われているし、サードパーティ製のプラグインがたくさんあるので問題なく使えます。

あと、Jenkinsの導入やジョブの登録・管理が簡単に行えるのでプログラミング初心者の方にも問題なく使えます。

まとめ

プログラミングを学び始めると何かの処理を定期実行したくなるときが来ます。その時はJenkinsを使って見てください。

Jenkinsについて下記リンクにまとめているのでこちらも参考にしてみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です