仮想通貨のハードフォークとソフトフォークとは?




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

仮想通貨の分岐

仮想通貨関連の情報で「ハードフォーク」「ソフトフォーク」というワードをよく聞くかと思います。このフォークという言葉はソフトウェア業界では、元のソフトウェアから分岐させて新しい別のソフトウェアを作ることを言います。

仮想通貨もソフトウェアなのでこのフォークも同じ意味となります。つまり元の仮想通貨のブロックチェーンから分岐して新しい仮想通貨のブロックチェーンを作るということです。

この分岐によって直接影響を受けるのはトランザクションの承認処理を行なっているマイナーになります。マイナーはブロックチェーンを動作させるソフトウェアを動かしているからです。

では、ハードとソフトとはどういった意味か解説していきます。

ソフトフォーク

ソフトフォークを一言で表現すると「互換性のある分岐」です。元のブロックチェーンからソフトフォークして新しいブロックチェーンになるのですが互換性があるので継続して元のブロックチェーンを使うことができます。

なので、マイナーはそのままのブロックチェーンを使うことができます

ソフトウェアで例えるとプログラムへのインプットとそこから出力されるアウトプットは変わらないけど中身の処理が変更され性能が向上しているということです。わかりにくいですかね?笑

具体的な例でいうと、Segwitという機能を実装し、

ハードフォーク

ハードフォークを一言で表現すると「互換性のない分岐」です。元のブロックチェーンからハードフォークすると互換性がなくなるのでマイナーはどちらのブロックチェーンでマイニングを続けるか決めなければいけません

ソフトウェアで例えるとプログラムへのインプットまたはアウトプットが変わるということです。ソフトフォークのように中身の処理だけではないのでハードフォークの方がより大きく変更することが可能となります。その結果として、元のブロックチェーンと共存できずに分裂ということがおきます。

有名なハードフォークとしてEthereum(ETH)のThe DAO事件によるハードフォークと、Bitcoin(BTC)から分裂しBitcoin Cach(BCH)が生まれたハードフォークがあります。どちらも新しい仮想通貨ができています。

ソフトフォークは事実上の分裂となることがないですが、ハードフォークは新たな仮想通貨が生まれるので市場に対してかなりの影響を与えます。

まとめ

「ハードフォーク」「ソフトフォーク」について理解は深まったでしょうか?どちらのフォークも基本的にはトランザクション性能等の向上を目的としたものが多いですが、Bitcoin Gold(BTG)のようにあまり意味のないようなハードフォークも今後増えていくかと思います。

このときハードフォーク、ソフトフォークそれぞれの意味を知っているとより情報の認識の正確性が高まると思うので覚えておくといいと思います。以上です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です