【Solidity基礎】view、pure関数修飾子




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

修飾子

Solidity v0.4.16から新しい修飾子viewとpureが追加されました。どちらもトランザクションを発生させるような処理はできません。

修飾子をつけることで関数に明示的に制限をかけることができるのでコンパイル時に間違った処理をしていないかチェックすることができます。

以前はconstantという修飾子を使っていましたが、処理できる内容がconstatという意味にそぐわないためviewという修飾子に置き換わり現在は使われていません。

view修飾子

前提としてブロックチェーンにデータを記録するような処理はできませんが、ブロックチェーンからデータを取得することはできます。

できること

  • storageの値を読むことができる

できないこと

  • storageに書き込むことができない

pure修飾子

pure修飾子はブロックチェーンへの書き込みだけでなく読み込みもできません。これはトランザクションを発生させないということです。なのでpure関数だけへのアクセスはガスコストがかからないことになります。

できること

  • 関数内は引数で受け取った値しか使えない

できないこと

  • storgeへの書き込みだけでなく読み込みもできない

まとめ

Solidityのプログラミングではガスコストをかなり意識しないといけないのでここら辺の知識はマストになります。自分もまだまだ理解が浅い部分があるので実装しながら情報を残していきたいと思います。

あと、修飾子自体は他にあるので別記事で随時まとめていきます。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 現在はTwitterなどSNSのテキスト解析を行うソーシャルメディア分析のサーバーサイドを開発中。言語はNode.js、Kotlinを使用。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です