現役エンジニアがすすめるプログラミングならMacを選ぶ理由




オススメはMac

ズバリ僕のオススメはMac Bookです。この一択しかありません。とりあえずこれを買っておけば問題ありません。

何が作れる?

MacであればiOSアプリもAndroidアプリも作れます。Windowsの場合iOSのアプリは作ることができないです。

あとUnityを使ってスマホゲームも作れますし、サーバーサイドも実装できます。

環境構築が楽

極め付けはMac自体がunixベースのOSで動いているので自分のPCでプログラムを動かすとき楽チンです。

Windowsでも動かせるのですが、ネットに情報が少なかったり、今のエンジニアはだいたいMacを使っているので同じものを使っている方が聞きやすいです。

最初から仮想環境を入れてとプログラミングしないといけないとなると訳分からなさ過ぎてモチベーションが下がってしまうのも考えてMacがいいですね。

ノートPCを選ぼう

Mac はMacでもiMacみたいなデスクトップPCじゃなくてノートPCを買いましょうね。家にこもってプログラミングとかほとんどの人ができません。自分もそうなので。

どこでも作業できるようにMac Bookにしましょう。

スペックは?

スペックも悩みどころですね。CPUとかメモリとかSSD, HDDとかデータ容量とかパソコン選ぶだけでこんなに大変なのかと。

なのでここでもオススメのスペックを書いておきます。

おすすめスペック
  • CPU 1.2GHzプロセッサ
  • SSD 256GB
  • メモリ 8GB
  • 12インチディスプレイ

これで価格は¥142,800です。iPhoneがすでに10万円くらいすることを考えると安いでしょう。(2017年11月時点)

あとタッチバーはいらないです。タッチバー付きにすると数万円高くなりますが、利便性は全然変わりません。

まとめ

買うパソコンが決まったら購入してあとはひたすら学ぶだけですね。すぐに買いに行きましょう!

プログラミングはやればやるほどのめり込むし、新しい道が開けてすごく面白いので頑張ってください。

これからプログラミングを始める方は下の記事も参考にしてみてください。

>>プログラミング未経験から最速でエンジニアになる方法

効率的に学びたいならプログラミングスクールもおすすめ

最近ではプログラミングスクールも流行っているのでこれからプログラミングを始める人は検討してみるのもいいかと思います。

Tech Boostは無料カウンセリングを行なっているので興味のある方は登録してみるといいかと思います!

オンラインで学ぶなら

オンラインかつマンツーマンで学ぶことのできるプログラミングスクールに侍エンジニア塾というものがあります。

侍エンジニア塾はマンツーマンレッスンが特徴のスクールで、7000名以上の指導実績があります。

さらに侍エンジニア塾では自分好みのカリキュラムを組むことができるので目標別に必要なことだけを学ぶことができます。

また、当ブログから応募して頂いた方は入塾金10万円が無料になります。

応募時に「その他ご希望」欄に「高妻さんの紹介なので入会金無料の適用をお願いします」と記入してください。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です