ES6をトランスパイルしてAWS Lambdaで使用する方法




どうも高妻です。Twitterでもプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったら覗きにきてください。  

手順

  1. babel-cliのインストールと設定
  2. babel-cliでトランスパイル
  3. コードをZIP化してLambdaにアップロード
  4. アップロードした関数を登録

1. babel-cliのインストールと設定

下記コマンドでインストールできます。

.babelrcに下記設定をするとNode.jsのバージョンに合わせてトランスパイルできます。

2. babel-cliでトランスパイル

script/hello.jsというファイルがある場合、下記コマンドでdstディレクトリ内にトランスパイルしてくれます。

ファイルの中はシンプルにこれだけとしときます。

3. コードをZIP化してLambdaにアップロード

zip化は下記コマンドでできます。注意しないといけないのがトランスパイルした後のファイル(dst/hello.js)をzip化してください。npmモジュールを使用している場合はnodemodulesもzip対象に指定するのを忘れないようにしてください。

4.アップロードした関数を登録

今回だと関数の登録名はdst/hello.worldになります。一応zip化した後のディレクトリ構成を確認しておくといいかと思います。

関連記事

おすすめ書籍







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です