pgモジュールを使ってNode.jsからRedshiftに接続する方法




pgモジュールのインストールと使い方

インストール

pgモジュールはnpmからインストールできNode.jsから簡単にRedshiftに接続できます。

npm install --save pg

接続方法

接続はこれだけでできます。接続先の指定だけ気をつけてください。

指定方法はtcpプロトコルから始まり、Redshiftのurl、ポート番号、スキーマ名となります。スキーマとはMySQLで言うとデータベースです。

import pg from 'pg';

val conString = "tcp://<domain>:<posrt>/<schema>";
val client = new pg.Client(conString);
client.connect(function(err) {
    if(err) console.error(err);
});

クエリの投げ方

あとは下記方法でクエリを投げるだけです。

pgモジュールは生SQLをそのまま書いてすぐに実行できるのでちょとしたスクリプトを書くときに相性がいいです。

インストールとセットアップもすぐに終わりますしね。

client.query('select * from sample_table', (error, result) => {
    if (error) {
        console.log(error);
    }
    console.log("======= result =======")
    console.log(result);
});

 

The following two tabs change content below.

髙妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です