dotenvを使ったNode.jsでの環境変数の設定方法




Node.jsでの環境変数の設定方法

環境変数の設定方法には幾つかあるので簡単なものから紹介していきます。

export

一番一般的な方法で、簡単に設定できます。

 export NODE_ENV=develop

取得方法

const env = process.env.NODE_ENV;
console.log(env); // develop

 

起動スクリプトに設定

環境変数をいろんな値で汚くしたくない場合は下記のようにnode実行時に簡単に設定できます。取得方法は同じです。

NODE_ENV=develop node app.js

 

dotenv

npmモジュールなので下記でインストールします。

npm install --save dotenv

プロジェクトのrootディレクトリ直下に.envファイルを作成し、環境変数を設定。

NODE_ENV=develop

起動するスクリプト内で読み込めば取得できます。

import 'dotenv.config';
// require('dotenv').config(); es5の場合
const env = process.env.NODE_ENV;
console.log(env); // develop

dotenvはnode-configと組み合わせることもできます。まずは下記コマンドでインストールします。

npm install --save node-config

config/custom-environment-variables.jsonを作成し、下記を設定します。

{
    "env": "NODE_ENV"
}

config/develop.jsonに下記を設定します。

{
    env: null
}

これでnode-configから環境変数を取得することができるようになります。先にdotenvを読み込んでおかなければいけません。

import 'dotenv/config';
import config from 'config';

const env = config.get('env');
console.log(env); // develop

 

まとめ

  • exportで設定
  • 起動スクリプトに設定
  • dotenvで設定
  • dotenvで設定したものをnode-configから使用

設定方法はたくさんあるのでプロジェクトの規模や進捗具合で最適なものを選択するのがいいかと思います。

関連記事

上記サンプルコードはES6で書いています。ES6の導入方法は下記リンクを参照してください!!

Node.js – babelでES6を導入する最短手順

おすすめ書籍

基礎から応用までサンプルコードを使って解説しており、Node.jsが初めての人でも読める技術書となっています。上級者向けにはExpressフレームワークを使った実用的な開発手法の解説もありこれからアプリケーションを開発する人の参考になると思います。現状では書き方が古くなっていますが、Node.jsの初心者から上級者で学ぶことの多い書籍です。

The following two tabs change content below.

髙妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です