Jenkinsからリモートサーバーにsshする設定




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Jenkinsサーバーとは違うバッチ専用サーバーとの連携

基本的にJenkinsサーバーとは違うサーバーでバッチ処理を行うことが多いと思うのでsshで他のサーバーに接続してバッチ処理を行うことが多いと思います。

公開鍵の設定

鍵の作成方法は省きます。Jenkinsサーバーの/var/lib/jenkinsがjenkinsユーザーのホームディレクトリになるのでここに.sshディレクトリを作成します。

プラグインを使ったsshの設定

使用するプラグインはSSH pluginというものです。これは接続するユーザーとホストを設定として保持することができ、ジョブ実行時に簡単に使用することができる優れものです。

プラグインの管理からインストールしてください。

jenkinsの画面左の認証情報からsshで使用するユーザーを追加します。

種類はSSHユーザーと秘密鍵にして、スコープをグローバル、ユーザーをec2-user、秘密鍵はJenkinsマスター上の~/.sshからを設定します。

接続先を指定する

システム設定のSSHリモートホストで接続設定を行います。ホスト名、ポート、先ほど作ったユーザーを作成してCheck connectionボタンを押してSuccessful connectionと表示されれば成功です。

ジョブから指定する

ビルド環境のリモートホストでシェルを実行にチェックを入れてSSHサイトから先ほど作成した接続設定を使用します。あとは実行したいコマンドを入力すれば完了です。

 

関連記事

おすすめ書籍

インストールから基本的な使い方まで丁寧に解説されています。改訂第3版として2017年に出版されているので情報としても新しいです。これから使ってみようとしている方は読んでおくと作業が捗る一冊になると思います!

 

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です