Spring SessionでElastiCache for Redisを使う場合はConfigコマンドを実行しないようにする




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Spring Session

Spring Bootでアクセスしたユーザーのセッションを保存したりクライアントに返したりを簡単に設定してくれるものです。

自分でサーバーにインストールしたRedisを使う場合はそのまま下記ソースコードーのconfigureRedisActionファンクションがいらないのです。

しかし、ElastiCacheのRedisを使う場合はconfigureRedisActionを追加しないといけません。これはElastiCache上のConfigは実行できないためソースコードでその設定をしないといけないからです。

インフラをAWSで構築している場合、RedisはElastiCacheを使うことがほとんどだと思うので覚えておくといいと思います。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です