S3にBasic認証を設定する方法




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

Basic認証をかける方法

S3はホスティングの機能はありますがBasic認証を設定する機能はないのでEC2にNginxをインストールしてNginxでBasic認証を実現します。

やることは

  1. Basic認証の設定
  2. S3へのアクセス制限

1. Basic認証の設定

Nginxとhttpd-toolsのインストール

httpd-toolsはBasic認証をかけるための設定を作成するのに使用します。

Basic認証の設定

Basic認証の設定ファイルを作成します。

次にconfの設定を行います。この設定でBasic認証とNginxサーバーの80番ポートからホスティングしているS3にリクエストを流すことができます。

Nginxの起動と自動起動を設定

2. S3へのアクセス制限

S3へのアクセスを制限しないとBasic認証の意味がないので設定します。設定方法は簡単でAWSコンソールから行います。

バケットのアクセス制限、バケットポリシーから設定を行います。

Conditionの項目を追加してaws:SourceIpにIPまたはホスト名を設定すればそこからのアクセスのみ許可することができます。設定は以上です。

おすすめ本

インフラを構築する上でAWSの仕組みを理解しておくのはマストの知識となるのでこちらの書籍をぜひ参考にしてみてください。初学者からAWSを使ったことある人まで幅広く為になる技術書だと思います。

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

関連情報

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です