仮想通貨の価格に影響を与えるもの




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

仮想通貨投資始めました

最近20万円の元手を資金に仮想通貨に投資を始めました。とりあえず100万円まで増やしたいと考えています。

そこで仮想通貨投資の初心者ながら仮想通貨の価格に影響を与えるものについて個人的な考えをまとめます。ここら辺を押さえておかないとそもそも何を買っていいか、いつ売っていいか決断ができなくなってしまうので知識をつけましょう。

  • 取引所の新規オープン
  • ソフトフォーク、ハードフォークの発生
  • 仮想通貨の応用範囲が広がる

取引所の新規オープン

取引所がどんどんオープンすると仮想通貨に触れる機会が増え、興味を持つ人が増えます。そうすると購入したい人が多くなってくるので自然と価値が上がるという仕組みです。

また、取引所が増えるということはもっと良い取引所があったらいいなという需要でもあるかと思います。

ソフトフォーク、ハードフォークの発生

ソフトフォークとハードフォークに関してはこちらの記事を参照してください。仮想通貨のハードフォークとソフトフォークとは?

どちらのフォークであっても多くの場合、仮想通貨がより使いやすく便利になるようにアップデートされることになります。アプデートされより使いやすくなると仮想通貨はそのものに対しての価値が高まり価格が上昇します。

仮想通貨は法定通貨と異なりソフトウェアなので通貨自体の仕組みや性能が変化していくのが面白いです。

法定通貨の場合、新しい国ができないと通貨が新しくできることはないですが、仮想通貨は自由に新しい通貨を作ることができます。

そのため、その通貨独自の特徴を持ったものが多く価値あるものが評価される

仮想通貨の応用範囲が広がる

仮想通貨に関する技術はすごい勢いで進歩しており、商用利用が進んでいる分野もあります。

このように実際に仮想通貨が使われる分野が増えることで仮想通貨やブロックチェーン技術の価値が高まり価格に影響を与えます。

現在はまだ決済手段としては向いていませんがライトニングネットワークなどのレイヤー2技術が実現されれば少額での決済ができるようになるので応用範囲が一気に拡大されると思います。

レイヤー2に関してはこちらの記事を参照してください。ビットコインのレイヤー2とは?

おすすめ書籍

ビットコインとブロックチェーンの詳細をしっかりと学びたい方にはこちらの書籍が非常におすすめです。ウォレットの仕組み、楕円曲線暗号、P2Pプロトコル、公開鍵暗号などビットコインを支える技術について詳細に解説されています。また、サンプルコードを通して実際に手を動かして学べるので非常に濃い内容となっています。

こちらはブロックチェーンの初学者向けになります。ブロックチェーンの応用例の紹介から基礎的な理論まで分かりやすく図解で解説されています。また、ビットコインやEthereum、HyperLdger Fabricを実際に稼働させてみて動作を理解するためのサンプルコードの解説もあります。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です