土日に暇な社会人は目標と働き方を見直した方がいい件について




土日に暇でやることがない、仕事は充実しているけどなんか物足りないという方に向けて書きます、

先に結論を言うと、時間の重要性を認識し、成し遂げたい目標設定をしようです。

本記事の内容はこちら

本記事の内容

何か成し遂げたいならワークライフバランスは取る必要はない

土日も働く必要はないが本業と相乗効果のあるものに取り組む時間を取ろう

何か成し遂げたいならワークライフバランスを取る必要はない

ワークとライフ(人生)のバランスを取ろうとはよく言われますが、個人的な意見としては何かを成し遂げたい人は全くバランスを取る必要がないですね。

何かを成し遂げるにはど片方に集中した方が明らかに短期間で達成できるでしょう。プログラミングを習得したいなら仕事やスクールだけでやるのではなく土日も必死にやることで一人前のエンジニアになるまでの時間を短くできるでしょう。

ゆるく長く続ければ達成できそうな気もしますが、これまでの経験上でほとんどの人が無理だとわかっているはずです。なので、習得したいこと、やり遂げたいことに集中してバランスなんか取らずに全ての時間を投資することをおすすめします。

土日も働く必要はないが本業と相乗効果のあるものに取り組む時間を取ろう

土日暇な人でやりたいことがない人は仕事の見直しと、目標の設定をし直しをした方がいいですね。特に20代の社会人で土日をダラダラ過ごしているだけの人は要注意です。

せっかく働くのだから仕事をこなすだけではなく、何か成果を残せるようにできるといいと思います。普通に働いていてもすごい成果は絶対に出ないので、成果を出したい人は土日に本業に相乗効果をもたらすことに取り組むといいと思います。

自分の場合は、サービス開発、ブログ執筆、情報発信、他分野のインプットなどを意識的に行なっています。これらはすぐに成果が出るものではないですが、継続することで確実に今後の成果に繋がります。

やることをどう見つけるかは個人で違うので難しいですが、それすらも考えて見つけられるようになるといいと思います。

まとめ

せっかく働くのだから楽するためにも自分が達成したいことをやりきって、土日も有効活用できるといいと思います。

特に20代で頑張っておくと今後のキャリアの積み方も楽になります。20代に限らずどの世代から初めても遅いと言うことはないので取り組んでみてください。

The following two tabs change content below.

髙妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です