IT企業で働くPMとかプランナーとか非エンジニアがプログラミングを学ぶと得られるメリット




どうも高妻です。Twitterでプログラミングのことや暗号通貨のことをつぶやいているのでよかったらフォローしてください。  

非エンジニアがプログラミングを学ぶことで得られるメリット

2020年には小学生にプログラミング必修化という総プログラマー時代が怒涛の勢いでやってきていますね。

今20代、30代でプログラミングのことが全く分からなくて不安になっている人も多いのではないでしょうか?

そんな方にプログラミングを学ぶとどういったメリットがあるのか紹介していきますね。

仕組みを理解していると提案がスムーズになる

スマホゲームとメディア開発を通して感じたことですが、プログラミングがどんなものなのか、システムがどうやって動いているのか理解しようと歩み寄ってくれるビジネスサイドの人との仕事はものすごくやりやすかったですね。

例えば、新しく追加する機能をシステムに追加する場合を考えます。

システムがどうやって動いているか理解できている場合、新しく追加する機能の実現ハードル既存機能への影響必要な工数と人員を予想することができるので提案する前から実現可能性の高い提案をすることができます。

必ずしもプログラミングの経験が必要ではないですが、知識と仕組みを理解していると企画の立案と提案がスムーズにできます。

理解できていると自信が持てる

自分が理解できていないものを扱っている時って不安ですよね?

僕が新卒から5年間働いていたサイバーエージェントではビジネス職の人がプログラミングを学んだり、エンジニアがデザインを学んだりと職種の垣根を超えて学ぶ機会が多くありました。

これは自分の専門とは違う分野を学ぶことでお互いの仕事について理解を深め、コミュニケーションを円滑にするという目的があります。

実際に、一緒に働く人の専門分野を学ぶとその奥深さからリスペクトする気持ちが高まるのですごくおすすめです。

あいつはダメだ、自分はダメだといった気持ちではなく、お互いがリスペクトしている関係で仕事ができた方がいいですよね。

エンジニアとの会話がスムーズになる

エンジニアとの会話が嫌だなとか、難しいなと思った人はたくさんいると思います。これはエンジニアに問題がある場合が多いですね。

それでもエンジニアとのコミュニケーションをうまくやって味方につけた方が仕事もしやすいですし、臆せず意見を言い合える関係になると思います。

上記であげた新しい機能の追加を例に話すと、この時のエンジニアの心情はこんな感じですね。

  • この機能意味あるのか?
  • 既存機能にめっちゃ影響あるな〜
  • めっちゃ工数かかりそうだけど時間取れるのかな?

コミュニケーションがとりずらいエンジニアはだいたいこんな感じです。この時プログラミングを一度でもしたことある人は汲み取りやすいですし、心理的不安を解消することもできますね。

ちょっとしたことですが、エンジニアが何に対して不安を抱えているのか理解できていると円滑に仕事を進められます。

社会人がどうやってプログラミングを学ぶか

サイバーエージェントの場合は社内で研修が充実していましたが、そうでない場合はプログラミングスクールに通うのが一番早く効果を実感できると思います。

プログラミングスクールと聞くとがっつりエンジニアになりたい人というイメージもありますが、侍エンジニア塾というスクールではデビューコースというのがあり、1ヶ月で簡単なサービス作りまでサポートしてくれます。

一度でも簡単なサービスを作ることでプログラミングへの理解が大幅に高まるのでおすすめです。

侍エンジニア塾には入会前に無料体験レッスンを受けることができます。無料体験レッスンは実際にプログラミングを学ぶのではなく、その人の目的から今後のカリキュラムを組むためのものになります。

レッスンは実際に直接会って行う対面式と、スカイプなどを使ってビデオチャットで行うことができるため地方に住んでいる人でも受けることができます。入会後のレッスンもビデオチャットで行うことができます。

すこいでも興味が湧いた人はぜひ受けてみてください。

無料体験レッスン予約フォーム

侍エンジニア塾の無料体験レッスンの予約は下記フォームからもできます。

また、当ブログから応募して頂いた方は入塾金10万円が無料になります。

応募時に「その他ご希望」欄に高妻さんの紹介なので入会金無料の適用をお願いします」と記入してください。

The following two tabs change content below.

高妻智一

2013年CyberAgent新卒入社 スマホゲームを作る子会社に所属し、サーバーサイドのエンジニアを担当。2年目の終わりから新規子会社の立ち上げに参加し、サーバーサイドのエンジニアリーダーとしてサービースのリリースから運用までを担当。 2018年仮想通貨のスマホウォレットを提供するGinco Incにブロックチェーンエンジニアとして入社。






よく読まれている関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です